元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


わーい(嬉しい顔) 子供の習い事 | ふらふら 子供の防犯

子どもが笑顔で歌い出す英語教材の無料サンプルプレゼント!

子供の習い事に関して その1

あなたはご自分の子供に習い事をさせたいと思っていますか?何か習わせたいなと思っているのであれば、何を考えることから始めたいですか?

始めるといっても習い事をさせるメリット、始める時期など色々考えることはあると思います。

近年の習い事事情としては、さまざまなものが学べる上に男女の区別なくできるものも増えてきました。また、それは子供の習い事としてだけではなく、大人になってからも続けられるものが多いというメリットもあります。

どんな習い事をお子さんにさせることになったとしても、お子さんがある程度興味を持っているものを習わせるのがいいと思います。無理矢理習わせても意味がないと思います。

習い事を始める時期と言うのは一概には言えませんが、何事においても考えや体が柔軟な時期である小さいときに始めるのがいいと思います。

親として子供に習い事をさせるときには、こういった習い事をさせたいとか、この子はこれが苦手だから克服させたいとか、この子はこれが得意だから才能を伸ばしてあげたいとかさまざまなことを考えると思います。

そういった考えで習わせるときには子供にきちんと納得させた上で通わせるようにすることも大切だと思います。その上で子供をうまくサポートしてあげることが必要になってくるのです。

お子さんには習い事を通してさまざまな経験をしてもらいたいものだと思います。
そしてその習い事が将来に役立つようになってくれればと願いたいものですね。


posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 08:00 | Comment(0) | 子供の習い事に関する注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の習い事について

最近の子供たちは年齢に関係なく今は何かしら習い事をしているのが普通になっています。例えばお友達がやっているから自分も習いたいとか、子供が苦手としていることを克服させてあげたいとか、子供の能力を伸ばしてあげたいとか習わせる理由はさまざまだと思います。理由はどうであれ習い事をしている子供が本当に多いのです。

「早期教育」という言葉があることをご存知でしょうか?これはまだ脳が完成しきっていない時期の0?3歳くらいのときに色々な刺激をたくさん与えることによりそれを吸収し、脳が発達する手助けをするという教育方法です。

0?3歳の子供に教育をしても理解が出来ないから無駄なんじゃないかという考え方もあるとは思いますが、現在ではその考えが見直されてきているようなのです。赤ちゃんのときにしか持っていない、発揮できない能力と言うのがあるということが分かっています。その発達に合わせて脳を成長させていくのです。

子供が自分の自我を持たずに親の言うとおりに楽しんでくれるのも子の時期だけかもしれません。大きくなってくると自我がでてきて好き嫌いがはっきりしてくるようになります。いくらいいと思っても子供が嫌いだと思うとそれを受け付けなくなりますものね。そういう時期にさしかかっているお子さんでしたらもちろん、無理強いをするのではなく子供の意思を尊重するようにしなければなりません。

しかし何か役に立つかもしれませんので、早期教育ということも視野に入れてみてはいかがでしょうか。


posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 08:00 | Comment(0) | 幼児への習い事について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英会話を子供に習わせる

英語を習いたいと思っている人は多いのではないでしょうか。大人の人にとっても英語を話せるということに期待してスクールに通っている人も多いと思います。しかしスクールに通うだけだとなかなか話すことまでは難しいですよね。

大人になってから何かを始めようと考えても、出来ないことではないけれどある程度の努力が必要だと思うのです。そこで世のお母様方がお子さんたちに習わせたい習い事として上位に上げられるのが「英会話」だと思います。今はどの学校でも英語の授業があります。小さいうちから実践で身につけさせ覚えさせておくと授業にもついていきやすくなるし、楽しく学ぶことができるようになると思います。例えば小学校に入ってからは文法などに重点をおくようになってきますが、入る前の英会話の教室でなら英会話をして楽しく学ばせるということに重点を置いているのでたぶんスッと英語が体に入っていくのではないかと思います。

また、今までとは違った文化にも触れることができて子供たちへのよい刺激にもなると思います。将来英語を使う機会がないとしても色々な選択肢も広がるしいいと思います。

遊んで学べて身につくというのはやはり子供のころの特権なのかもしれませんね。そういった意味でも小さいころから身につけさせるというのはとてもいいことだと思います。

だって、大人になってから海外旅行なんかに行って英語ができなくて困ってしまっているという場面をたくさんみるってことないでしょうか。ささいなことだとしても出来るほうがいいですものね。






------------------------
posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 子供の習い事 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供たちの才能を習い事によって引き出そう

近年、習い事をする子供が増えてきているようです。親が子供に習わせたいという理由で始める子供もいれば兄弟が習っているから自分も習いたいと思って習い始める子供もいるし、始める理由はさまざまなようです。

「早期教育」という言葉を皆さんはご存知でしょうか?字のごとく0歳?3歳頃の子供に習い事をさせて色々なことを経験させていくことで脳に刺激を与えて発達を促せるという教育方法のようです。「0歳に教えるの?そんなの無理じゃない?」と言う親御さんは多いと思うのですが、そこは侮らないでください。赤ちゃんと言うのは生まれる前、つまりお母さんのおなかにいる頃から既に色々な能力を持っていて、生まれてからすぐは脳が発達するので、影響を受けやすいそうです。ですから生まれてすぐにリトミックやスイミングなど習い事をさせるというのは脳を鍛える、発達させるという点でいい影響を与えてくれるものになると思います。

脳の発達を手助けするという点ではやはり早期教育がいいと思います。子供も4歳くらいになると自我が出てきますのでこれがやりたい、これがやりたくないと物事をはっきりいうようになってきます。こうなってしまってから教育しようと思ってもなかなか難しくなってきますので、逆に大きくなってからは子供の意思を尊重したほうがいいということになってきます。

早期教育をすることによって子供の秘められた能力を引き出すことが出来るかもしれません。色々習い事をさせてみるというのもいいと思いますよ。


posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 子供の才能を引き出そう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の習い事事情

習い事に通っているお子さんはたくさんいますがほとんどは知り合いからの口コミで習い始めるケースが多いようです。

習い事と言うのは本来子供が興味を持っているものを習わせるのがいいのだと思います。また親御さんも興味があるものだと、子供と一緒に学ぶことができ、さらに楽しくなるのではないかと思います。現に親が興味を無くしてしまうと習い事を辞めてしまうというケースも少なくないようです。

ではどんな習い事があると思いますか?
以下にどういう習い事があるか、例を挙げてみたいと思いますので参考にしてみてください。

【英会話教室】
英語は習うのが早ければ早いほど習得しやすいようです。3歳までに習わせると発音がネイティブのような感じにさえなると言われているほどです。

【バレエ、水泳、体操など】
基礎的な体力を身に付けられる他、柔軟性や持久力も身に付けることができます。

【サッカー、野球、テニスなど】
体力が格段に付く上、バランス感覚を養うこともできます。

【空手、剣道、柔道、合気道など】
技が身に付くのはもちろんですが「礼儀」と言うものを身に付けることができます。

【公文式、そろばん、習字、茶道など】
計算ができるようになったり、礼儀作法が身に付いたり集中力も身に付きます。

【ピアノ、絵画】
センスや感性が磨かれると思います。

【学習塾】
学力がつきます。


posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 子供名習い事事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとまだ早い!?中学受験について

ちょっと気が早いかもしれませんが昨今の中学受験のお話です。




小学生のお子さんをお持ちのお父さん・お母さん、お子さんの将来や受験について「うちもそろそろ…」と話をされ始めた頃かもしれません。

先日も、進学塾の学力テストのCMをテレビで見かけましたし、「中学受験の受験者が増加」していると耳にしました。

塾やおけいこ事などの話も、ご家族やお子さん、お母さん同士などで話題にされているかと思います。

お宅ではどのようにお話されていますか?
「学校の選択」や「受験」について、どのようなお考えをお持ちですか?
「まだまだ、これから…」「どうしたらいいか…」とお考えの方、ご一緒に考えていきましょう。

毎日いろんなことを学び、元気に成長しつつあるお子さんを見て、将来のことやいろんなこと…親として考えずにはいられません。

しかし、その道中には「高校受験」「大学受験」などなど、お子さんの行く手には大きな山や試練が待ち構えています。

おっと、その前に「中学受験」という道標が…さて、どうしましょう…?
最近、受験者数が増えてきているそうですが、そもそも「中学受験」って、どういうメリットがあるのでしょうか。

一般的には、「授業の質が高い」「よい友達が得られる」「難関大学進学に有利」だと言われています。

さらに、「中高一貫校が多いので集中して勉強できる」「大学受験に専念しやすい」ということもあります。

しかし一方で、「受験勉強が大変」「遊ぶ時間が少なくなる」「通学時間がかかる」「塾に通うのが大変」というデメリット。

さらには、「授業料がかかる」「塾の費用がかかる」「塾の送り迎え」「宿題の手伝い」など、金銭的・精神的負担も意外に多いようです。

それらを踏まえて、いったいどうしたらいいのか、今後さらに掘り下げていきたいと思います。


参考記事リンク⇒中学受験進学塾選び





インターネット学習塾「e点ネット塾」は小学生安心の勉強法です


posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 09:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英会話教室に習わせに行こう

英会話を子供に習わせたいという親御さんは多いのではないかと思います。今の英会話教室は0歳から始められるスクールもあるほど多く存在しています。言葉を習得するのは生まれてすぐからですよね。そのときに英語も一緒に慣れ親しんでおくことによって日本語と同じような感覚で普通に日常会話が身についていくと思います。

経験があるでしょうが、大人になってから習得しようとしてもなかなか難しいですよね。自然と身につくのであればすぐ習わせておいたほうがいいかもしれません。

子供の習い事で人気が高いのは英会話です。小さいうちから語学を習得するということはこれからの将来きっとプラスになることが多いと思います。また将来の選択肢も英語ができるという点で広がると思いますし、コミュニケーションをとることも上手になるのではないかと思います。

では英会話を習うとしてどのくらいのお金と時間がかかるものなのでしょうか?大体英会話教室の授業は1回60分ほど、週1回という感じですね。週2?3回という教室もありますがもちろんその分料金はかかるようです。

また月謝ですが、教室によってさまざまですが外国人講師がいるところだと若干高くなる傾向があるようです。また個別で教わるのとグループ学習でも差がでてくるようです。大体月に5000円?10000円という場合が多いのではないかと思います。あくまでも目安ですので参考程度にしてください。


posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 08:00 | Comment(0) | 子供の習い事 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の習い事に関する注意ごと

子供が習い事をしているときにしてはいけない事や、注意することがあります。その基本的なことになるのが「他の子供と比較をしない」ということだと思います。

何の教室に通わせるにしても最初のうちは期待でいっぱいだと思います。しかし教室に通っていると子供同士も仲良くなるし、親も同じ教室に通わせているという共通点があるので仲良くなると思います。

しかし、どんなに仲がよくなったとしても競争心というものは出てくるものだと思います。「うちの子供の方が出来るわ」などと、どうしても他の子供と比較してしまいがちになってしまいますよね。

また親がどうしても優越感を持ちたいからと思って、子供に対して「●●ちゃんには負けちゃ駄目よ」などとついつい言ってしまったり、「●●さんの子供だけには負けたくないわ」などと思ってしまったりするものだと思います。これは仕方がないことだとは思います。皆自分の子供がかわいいですし、少しでも良くしたくて通わせていますものね。そういった気持ちを持つことは大切だと思うのですが、ここで気をつけなくてはならないこと、そういう気持ちを子供に押し付けないことです。「●●ちゃんは出来るのに、なんであなたは出来ないの」などと言われたら子供は傷つきますし、教室にも行きたくなくなってしまうきっかけになると思うのです。

その点は子供に対して気を使わなければなりません。ついつい自分が思っていることを言わないように注意するようにしてくださいね。

posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 子供の習い事に関する注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の習い事に関する注意点

自分の子供には色々なことを学んでもらって技術を身につけて欲しい。感情豊かな子になって欲しいと思う親御さんは多いと思います。そのために子どもの色々な可能性を見つけて塾に通わせたり習い事をさせたりするのだと思います。

親御さんにとってはそれが子供のためと思ってするのでしょうが、子供にとってはどうなのでしょうか?たぶん「苦痛」の一言で表現されるかもしれません。皆が公園で遊んでいるときに習い事に行かなければ行けない。幼稚園に行っても学校に行っても皆の話題についていけない。そうなると一人ぼっちになってしまう。親に「今日は行きたくない」などと言った日には「あなたのためなのよ」などと言われて無理やり行かされてしまう。そんな子供も少なくないかもしれません。

お子さんに習い事をさせることの注意点として挙げられるのは無理やり行かせないことかもしれません。無理やり行かせても子供はただ行っているだけです。何の成果も効果も現れないと思います。無理やり行かせられているという苦痛という感覚しか持たないと思います。ですから子供のために習い事に行かせたいのであれば子供が納得して行くようにきちんと説得してあげる必要があるのではないかと思います。納得をすると子供は楽しんで習い事に行ったりすると思いますのでそれなりの成果が期待できると思います。

習い事は子供のためにするもので、親のわがままのために行かせる物ではないのですからきちんとその点は注意するようにしましょう。

posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 子供の習い事に関する注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の習い事にピアノ

子供の習い事としてピアノを習わせると言うのはいかがでしょうか?例えばピアノを女の子が習いたいと言うとかわいらしいなという感じはありますが、男の子にピアノを習わせようとするとちょっとカッコ悪いなというか恥ずかしさを感じてしまい嫌だという子も出てくるかもしれません。

男の子の場合、高校生ぐらいになってピアノが弾けるとなると、カッコいいともてはやされることもあるでしょうが、それ以前に中学生や小学生位だと「女の子みたい」と馬鹿にされる可能性もあると思います。いじめの原因となるような?感じかもしれませんね。

逆に女の子がピアノを習おうとすると、おしとやかというイメージなのか女の子らしいというイメージなのか習わせたいという親御さんも多いように思えます。実際に習った子に話を聞いてみると、習いたくないのに無理やりという子もいたものの、習ってみて音符は読めるようになったしクラシックに興味が持てるようになったし良かったという子もいるようです。幼児の頃から習わせておくと、手先が器用になったり音楽に対して興味を持つようになったりと感性が磨かれる感じがいいかもしれませんね。

こういうように女の子らしい習い事としては、他に茶道や華道などもあると思います。いつの時代も親は子供に対して女の子らしさを求めるものなのかもしれませんね。こういった子供の感性を磨くためにもピアノを男女問わず習わせてみてはいかがでしょうか。



posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 子供の習い事 ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供への習い事に「武道」

子供の習い事に「武道」はいかがでしょうか?今は乱暴なニュースをやっていたり、テレビや漫画で乱暴なシーンが掲載されていたりして「武道なんて乱暴な」と思う親御さんがたくさんいるかもしれません。武道を習って乱暴な子供になるのを嫌がるということがあるのかもしれませんが、習っている子供を見てみると逆におとなしく礼儀正しくしっかりしているという印象の子供が多いように感じます。

それはなぜでしょうか?武道と言うと格闘や乱暴というイメージばかり思い浮かべる人もいるのでしょうが基本は「礼に始まり、礼に終わる」ということです。最初に「礼儀」というものを徹底的に教えるからです。それは子供でも大人でも関係ありません。
礼儀がきちんとできない子に対して武道は教えないという誠心を徹底している教室もあるようです。
このように礼儀を教えていくので、漫画やニュースとは違って無駄にケンカをしてしまったりしないと思います。逆に礼儀や基本が出来ていない子の方が大人になってからケンカばかりしてしまってということになってしまいやすいのではないでしょうか。

武道を教えることにより心も体も鍛えてくれるようになります。厳しく心を鍛え、体も痛みで覚えます。それが結果的に子供のためになるのです。武道ですので怪我もすることももちろんあるでしょう。そのときに変に怪我させたと大げさに振舞うよりは当たり前という考えで気構えるようにすることも大切なのです。



posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 子供の習い事 武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幼児への習い事について

幼児教育、早期教育という言葉も今ではあまり珍しくないという印象があると思います。小さいうちから色々習わせて学ばせていくことによって子供の能力自体をより伸ばしていくという考え方が幼児教育なのではないかと思います。

例えば小さいうちに日本語を覚えるのと同じように英語を習わせてみたり、運動神経を高めさせようとスイミングに通わせて見たり、小さいころから勉強に対する免疫をつけるために学習塾に通わせて見たりさまざまな考え方があると思います。しかしそれをすることで子供たちに色々な知識や経験を与えてあげることもできるのです。

また知識や経験をさせることだけでなく、色んな人たちと触れ合えたり友達ができたりするという点においてもいい経験ができるのではないかと思います。

少し注意して欲しいこともあります。例えば子供が教室に通って楽しく習い事をしていたのに、他のお家の子供とライバル争いをし始めるとか親の方が白熱してしまい結果的に勝てるように子供に押し付けてしまう可能性もあります。そうなってしまうと子供は習い事に行くこと自体楽しくなくなってしまうのです。そうなってしまっては台無しですよね。押し付けることなく、子供のことだけを考えてあげるようにしなくてはなりません。また習い事は意外と月謝が高い場合が多いと思います。そうなると「それだけかけているのだから結果出してよ」なんて子供に変な期待をしすぎてしまう場合もあります。それは子供のせいではないのでそうやって子供に期待を押し付けないようにしましょう。

posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 幼児への習い事について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

習い事選びのポイント

子供に何か習わせたいと思う親御さんは多いと思います。でもどういった教室を選んだらいいのか分かりませんよね。教室選びをするときに簡単な方法はないと思います。ですので納得するまで教室選びをする必要があると思います。
以下に教室選びをするときのポイントを挙げてみたいと思いますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

【情報収集】
ここがいいなと思った教室に関して資料請求などをして色んな方面からその教室を見て比較するようにしてみましょう。またその教室に通う知り合いがいるのであれば意見を聞いてもいいと思います。とにかく情報収集することが大切ではないかと思います。

【問い合わせ】
資料ばかり読んでいてもいいことしか書いていないと思います。また分からない点もたくさんあるでしょう。そういったときにはすぐ教室に問い合わせて疑問点を解決していくことが大切です。

【体験教室】
今どこの教室でも行われているのが体験教室だと思います。どういった授業内容で行われているのか、どんな雰囲気で先生がいるのかということも実際に体験していただくことで分かることもあると思いますのでぜひ行って見ることをお勧めします。そのときに疑問点があるのであればその場で聞いておくことも大切です。

【入学しても気を抜かない】
教室を選んだあとも気を抜かないことが大切です。子供がどんな雰囲気で帰ってくるのかを見ても分かると思うだろうし、最初のうちはきちんと様子を見ることが大切になると思います。



posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 習い事選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供に何を習わせたら良いか

子供に何か習わせたいと思うご家庭は多いのではないでしょうか。しかし、何を習わせたらいいのかと迷ってしまう親御さんも多いでしょう。

例えば「習い事の月謝っていくらくらいするのだろうか?」「習い事ってどうやって選んだらいいのだろうか?」とか色々考えると思います。そこでどうやって選んだら良いのかちょっとしたアドバイスをしてみたいと思いますので参考にしてみてください。

まずは子供に習わせたいと思っているのはどういった習い事でしょうか?ということです。何かを習わせたいけど何を習わせたらいいのか分からない。ということを疑問に持つ親御さんは意外に多いものです。そこで考えて欲しいのですが習い事の目的やイメージなどをしっかり持つことから始めてみてはいかがでしょうか。なぜ習い事が必要なのか、ということをじっくり考えてみてから焦らずスクール探しをしてみてはいかがでしょうか。そして周りの家庭が習っているから自分の子供もそこに行かせるとか言うように流されるのではなく、子供の将来のことを願って決めるようにしてくださいね。

次になぜ習わせるのかということを考えて見ましょう。「習い事に何を期待していますか?」「なぜ習い事に通わせるのですか?」という問いかけにきちんと答えられるようになることが親御さんの課題ではないかと思います。そうじゃないと子供にきちんと納得して通わせることができないのではないかと思います。



posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 14:00 | Comment(0) | 子供の何を習わせたらよいか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供(幼児)に習い事をさせるまえの注意点

学校 教育 習い事
子供(幼児)に習い事をさせるまえの注意点



子供に何を習わせようか…悩むところですね

幼児教育の一環で注意しなければならないことを挙げてみたいと思います。
習い事を小さいころからさせておきたいというのは親の願いだと思います。しかし、親が子供にさせたい習い事と子供がやりたい習い事というのには差があると思います。

どういうことかといいますと、親の場合ですが男の子には男らしくスポーツ系の習い事や柔道みたいに精神的に鍛えてくれる武道系の習い事などが好まれると思います。また女の子には女の子らしく、感性を鍛えてくれればいいなという願いから音楽系、例えばピアノとかバレエとかを習わせたいという思いが出てくる傾向にあります。

しかし、それは子供が習ってみたい習い事と必ずしも一致するわけではありません。例えば男の子がピアノを習いたいと思うかもしれませんし、女の子が柔道を習いたいと思うかもしれません。それをどうやって折り合いをつけるかが親として考えなくてはならないことです。

また、医者や華道、茶道などのお子さんなどは、それに関係するような習い事をどうしてもさせなくてはならないというプレッシャーを与えている場合もあるでしょう。

また何を習わせたらいいか分からなくて、友達やおばあちゃんたちに聞いてみるということもあるかもしれません。

こうなると何のために習い事をさせているのか分からなくなりますよね。誰かと比較することなく、子供が習いたいことを聞いて親が絞り込むこういったスタンスの方がよりうまく子供が伸びるきっかけになるのではないでしょうか。

子どもが英語に親しむ環境ならペッピーキッズがピッタリ!無料サンプルプレゼント実施中!!


posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 05:30 | Comment(0) | 子供に習い事させる前の注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
「ショウインキッズ」無料体験学習受付中!
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。