元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


わーい(嬉しい顔) 子供の習い事 | ふらふら 子供の防犯

子どもが笑顔で歌い出す英語教材の無料サンプルプレゼント!

子供の防犯と防犯グッズ

子供の習い事 子供の防犯
子供の防犯と防犯グッズ



キーリング付コンパクト催涙スプレー

子供を犯罪から守るために、さまざまな防犯グッズが販売されています。子供の防犯グッズとして最も人気があるのは防犯ブザーです。手軽な装置ですが高い効果が期待できることから、今では小中学生の必須アイテムとなりつつあります。
防犯スプレーを持つ子供も増えています。防犯スプレーとは不審者に襲われそうになった時に相手をめがけて吹きかけるスプレーです。もともと女性の防犯グッズとして利用されていたもので、子供でも簡単に利用できます。ただし防犯スプレーを持たせるのは、正しい使用が約束できる小学校高学年以上が適しているでしょう。
最近では子供に防犯携帯電話を持たせる家庭も増えています。携帯電話といえば通話料や有害サイトへのアクセスなどの心配がされますが、近年の防犯携帯電話ではさまざまな制限サービスや機能がついているため安心して持たせることができます。またGPS機能が搭載される機種も多く、親は離れた場所から子どもの居場所を確認することができるため安心です。
さらにGPS機能を利用して、子供が目的地に到着したかどうか、決められた範囲から外に出ていないか、危険場所へ立ち入っていないかなどを監視し、異常があれば保護者へ連絡するというシステムもあります。まるで子供に警備員がついているような安心が得られるシステムで、今後の普及が期待されています。
親の目が届かない場所で子供を危険から守る防犯グッズは、犯罪の増加している日本では今後ますます不可欠なものとなっていくでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

催涙スプレー&スタンガンならアキバガレージ本店へ!秋葉原ってこういうのもあるんですよ〜。
posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 11:41 | Comment(0) | 子供の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学校入学 学校の給食時間

子供の習い事 子供の防犯 小学校入学
小学校の給食時における時間配分
http://syounyugaku.seesaa.net/article/114843509.html
kyusyoku1.jpg


プロが選んだ防犯&防災あります。TSSP.jp
posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 16:07 | Comment(0) | 学校教育関連更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の防犯の必要性

子供の習い事 子供の防犯
子供の防犯の必要性

現代、子供を狙った犯罪がテレビなどで頻繁に報道されています。その中には凶悪なものや痛ましい事件も多々見られ、犯罪によって命を落とす子供は後を絶ちません。
警察庁の調査によると、実際に子供が被害となる犯罪は2001年までは増加していましたが、2001年をピークに減少傾向にあるということです。これは人々が増加する犯罪に危機感と防犯の必要性を感じ、積極的に防犯に取り組んだ結果だと考えられます。
しかし依然として子供の犯罪被害年間30万件以上に上っています。中でも窃盗は最も多く、次に誘拐、暴行、傷害、強制わいせつ、恐喝などが続いています。また、犯罪によって命を落とす子供の数は減少しておらず横ばい状態だということです。
さらに犯罪の検挙率を見ると、それまで100%であった検挙率は2004年には70%台に落ち込んでいます。しかし防犯意識の向上や地域の連携により2006年には90%台にまで戻っています。
犯罪の総数が減少したとはいえ、まだ安心して暮らせる社会とは言えないのが現状です。
子供が被害者となる痛ましい事件を耳にする度に、誰しも怒りと恐怖で身を引き裂かれる思いになるでしょう。まして同じ子供を持つ親なら他人事として見ることはできません。
犯罪による子供の被害をこれ以上広げないために、徹底した防犯の必要性が高まっています。そのために私たち大人が犯罪の現状を把握し、適切な防犯の実践と子供への防犯教育が必要となっているのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 14:43 | Comment(0) | 子供の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幼児への習い事について

子供の習い事 子供の防犯
幼児への習い事について

幼児教育、早期教育という言葉も今ではあまり珍しくないという印象があると思います。小さいうちから色々習わせて学ばせていくことによって子供の能力自体をより伸ばしていくという考え方が幼児教育なのではないかと思います。
例えば小さいうちに日本語を覚えるのと同じように英語を習わせてみたり、運動神経を高めさせようとスイミングに通わせて見たり、小さいころから勉強に対する免疫をつけるために学習塾に通わせて見たりさまざまな考え方があると思います。しかしそれをすることで子供たちに色々な知識や経験を与えてあげることもできるのです。
また知識や経験をさせることだけでなく、色んな人たちと触れ合えたり友達ができたりするという点においてもいい経験ができるのではないかと思います。
少し注意して欲しいこともあります。例えば子供が教室に通って楽しく習い事をしていたのに、他のお家の子供とライバル争いをし始めるとか親の方が白熱してしまい結果的に勝てるように子供に押し付けてしまう可能性もあります。そうなってしまうと子供は習い事に行くこと自体楽しくなくなってしまうのです。そうなってしまっては台無しですよね。押し付けることなく、子供のことだけを考えてあげるようにしなくてはなりません。また習い事は意外と月謝が高い場合が多いと思います。そうなると「それだけかけているのだから結果出してよ」なんて子供に変な期待をしすぎてしまう場合もあります。それは子供のせいではないのでそうやって子供に期待を押し付けないようにしましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 12:42 | Comment(0) | 幼児への習い事について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の防犯と防犯教育

子供の習い事 子供の防犯
子供の防犯と防犯教育



ランドセル型アラーム「ランドベル」(赤)

位置情報子供が犯罪に巻き込まれないためには、大人が安全な環境を整えると同時に、子供自身にしっかりと防犯意識を持たせることが大切です。
そこで重要なのが家庭や学校での防犯教育です。最近では小中学校で防犯ビデオやDVD、パソコンソフトなどによる防犯教育が行われています。中には実際に危険が起こった場面をシミュレーションした実践的な訓練が行われている学校もあります。今や防犯教育は地域や教育機関において最も重視されている課題なのです。
家庭においては日頃から「知らない人にはついていかないこと」と幼児期からしっかり言い聞かせておくことが防犯教育の基礎となります。常に親と一緒に行動する幼児期でも、買い物や人の多い外出先で、少し目を離した瞬間に子どもに危険が忍びよる可能性も考えておかなければいけません。
また小学生になると子供だけで外出する機会が急激に増え、行動範囲も広がります。学校や親から防犯グッズを持たされる子供が増えていますが、位置情報防犯グッズをおもちゃ代わりにしないよう正しい使い方をしっかり教えておくことが必要です。そして日頃から近所の子供と一緒に登下校し、緊急時には大人の居る場所や子供110番の家へ逃げて、助けを求めることも教えておかなければいけません。
日本は他国と比べてまだ防犯意識が低い国だと言われます。子供たちを犯罪から守るためには日頃から大人とともに防犯を実践し、「自分の身は自分で守る」という子供の防犯意識を高めることが最も大切なことです。


防犯カメラ&監視カメラのご相談とご用命は、当アキバガレージ本店まで
お気軽にご相談ください。秋葉原に詳しいスタッフが、懇切丁寧に
サポートいたしますよ。工事の見積もりもお受けしております。
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1CCSW9+AF44XE+EX8+BYLJN
posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 11:40 | Comment(0) | 子供の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の防犯と携帯電話

子供の習い事 子供も防犯対策
子供の防犯と携帯電話

防犯のために子供に携帯電話を持たせる親が急増しています。ある調査では小学生の5人に1人が携帯電話を持ち、高学年に上がるほどその数は増えるという結果が出ています。
その割合は小学5年生では3割、6年生では4割弱の子供が携帯電話を持っているということです。
ここ数年、子供の防犯を目的とした携帯電話が競って開発されています。
子供用の携帯電話は防犯機能として防犯ブザーやGPS機能などが搭載されているのが一般的です。子供の携帯電話.jpg
 GPS機能とは人工衛星からの電波によって、緊急時に子どもの居場所をメールや音声通知で知らせる機能です。また子供の携帯電話の電源が切れた時、画像や位置情報を親の携帯電話へ送信するなど高度な機能が搭載されているものもあります。
さらに防犯ランプを点滅して周りの人に異常を知らせ、使いすぎやメールを制限するなどの機能も向上しています。
携帯電話が防犯に活用される一方で、子供が携帯電話をインターネット端末として使用し、有害サイトへアクセスする危険性も指摘されています。実際にこれまでも有害サイトへのアクセスが思わぬ被害を招く事態が起こっています。そのため子供用の携帯電話では有害サイトへのアクセスを制限する機能も人気があります。
子供に携帯電話を持たせる時には携帯電話の危険性について親がしっかり教えることが大切です。そして家庭でルールを決めて必ず守らせるようにします。ルールを守れば携帯電話は有効な防犯グッズであり、今後も子供の安全を守るアイテムとしてますます普及していくでしょう。

高校生プロゴルファー「石川遼選手」も使っていた【9年間】「月刊ポピー」




posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 09:53 | Comment(0) | 子供の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防犯カメラの種類について

子供の習い事 子供の防犯
防犯カメラの種類について


防犯カメラには様々な種類のカメラがあるってご存知でしたか?
何故なら防犯カメラを設置する場所、防犯カメラを設置する目的等、使う側の利用用途に対応させているからです。

下記にどんな種類の防犯カメラがあるか挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

【箱型防犯カメラ】
一番シンプルでオーソドックスなカメラで、形はいかにも防犯カメラと言う様な四角い箱型の形をしています。このタイプのカメラには先端にレンズが付いていて、パッと見ただけで防犯カメラだと言う事が分かるので威嚇をする意味でもただ付けておくだけでも効果があります。

ドーム型】
デザインは箱型と違っていかにも防犯カメラです。と言う様な形はしていなく、丸い形をしているカメラです。よく銀行やコンビニなんかで見掛けるタイプのカメラになります。このドーム型のカメラにはマイクが内蔵されているタイプのカメラもあるようです。

【小型】
このタイプは超小型で手の中にすっぽり収まってしまう位小さいです。メリットとしては持ち運びが簡単な事、本体に映像と音声を記録出来る機能が付いていると言う事、デメリットは数時間しか撮影が出来ない為に長時間の撮影には向かないと言う事です。

上記の様なカメラの他には無線タイプのカメラ、防水タイプのカメラ、屋外に付ける事が出来るカメラ、カメラ機能は無いけどダミーに出来る偽物カメラなど多数あります。使う目的に合わせてどの形のカメラがいいか選んでみましょう。




≫明細はここ




posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 10:05 | Comment(0) | 子供の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
「ショウインキッズ」無料体験学習受付中!
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。