元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


わーい(嬉しい顔) 子供の習い事 | ふらふら 子供の防犯

習い事の注意点

子供が習い事をしているときにしてはいけない事や、注意することがあります。
その基本的なことになるのが「他の子供と比較をしない」ということだと思います。


子どもの心に届く言葉、届かない言葉―教師力・親力をアップする教育コーチング

子どもの心に届く言葉、届かない言葉―教師力・親力をアップする教育コーチング

  • 作者: 小山 英樹
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 単行本



業界初!330円翌日配達の宅配
子供に何の教室に通わせるにしても最初のうちは期待でいっぱいだと思います。
しかし教室に通っていると子供同士も仲良くなるし、親も同じ教室に通わせているという共通点があるので仲良くなると思います。

しかし、どんなに仲がよくなったとしても競争心というものは出てくるものだと思います。「うちの子供の方が出来るわ」などと、どうしても他の子供と比較してしまいがちになってしまいますよね。

また親がどうしても優越感を持ちたいからと思って、子供に対して「○○ちゃんには負けちゃ駄目よ」などとついつい言ってしまったり、「○○さんの子供だけには負けたくないわ」などと思ってしまったりするものだと思います。
これは仕方がないことだとは思います。皆自分の子供がかわいいですし、少しでも良くしたくて通わせていますものね。そういった気持ちを持つことは大切だと思うのですが、ここで気をつけなくてはならないこと、そういう気持ちを子供に押し付けないことです。「○○ちゃんは出来るのに、なんであなたは出来ないの」などと言われたら子供は傷つきますし、教室にも行きたくなくなってしまうきっかけになると思うのです。

その点は子供に対して気を使わなければなりません。ついつい自分が思っていることを言わないように注意するようにしてくださいね。


posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 08:11 | Comment(0) | 子供の習い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
「ショウインキッズ」無料体験学習受付中!

PING送信プラス by SEO対策

ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。