元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


わーい(嬉しい顔) 子供の習い事 | ふらふら 子供の防犯

幼児への習い事について

子供の習い事 子供の防犯
幼児への習い事について

幼児教育、早期教育という言葉も今ではあまり珍しくないという印象があると思います。小さいうちから色々習わせて学ばせていくことによって子供の能力自体をより伸ばしていくという考え方が幼児教育なのではないかと思います。
例えば小さいうちに日本語を覚えるのと同じように英語を習わせてみたり、運動神経を高めさせようとスイミングに通わせて見たり、小さいころから勉強に対する免疫をつけるために学習塾に通わせて見たりさまざまな考え方があると思います。しかしそれをすることで子供たちに色々な知識や経験を与えてあげることもできるのです。
また知識や経験をさせることだけでなく、色んな人たちと触れ合えたり友達ができたりするという点においてもいい経験ができるのではないかと思います。
少し注意して欲しいこともあります。例えば子供が教室に通って楽しく習い事をしていたのに、他のお家の子供とライバル争いをし始めるとか親の方が白熱してしまい結果的に勝てるように子供に押し付けてしまう可能性もあります。そうなってしまうと子供は習い事に行くこと自体楽しくなくなってしまうのです。そうなってしまっては台無しですよね。押し付けることなく、子供のことだけを考えてあげるようにしなくてはなりません。また習い事は意外と月謝が高い場合が多いと思います。そうなると「それだけかけているのだから結果出してよ」なんて子供に変な期待をしすぎてしまう場合もあります。それは子供のせいではないのでそうやって子供に期待を押し付けないようにしましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 12:42 | Comment(0) | 幼児への習い事について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供(幼児)に習い事をさせるまえの注意点

子供の習い事 子供の防犯対策
子供(幼児)に習い事をさせるまえの注意点



子供に何を習わせようか…悩むところですね

幼児教育の一環で注意しなければならないことを挙げてみたいと思います。
習い事を小さいころからさせておきたいというのは親の願いだと思います。しかし、親が子供にさせたい習い事と子供がやりたい習い事というのには差があると思います。

どういうことかといいますと、親の場合ですが男の子には男らしくスポーツ系の習い事や柔道みたいに精神的に鍛えてくれる武道系の習い事などが好まれると思います。また女の子には女の子らしく、感性を鍛えてくれればいいなという願いから音楽系、例えばピアノとかバレエとかを習わせたいという思いが出てくる傾向にあります。

しかし、それは子供が習ってみたい習い事と必ずしも一致するわけではありません。例えば男の子がピアノを習いたいと思うかもしれませんし、女の子が柔道を習いたいと思うかもしれません。それをどうやって折り合いをつけるかが親として考えなくてはならないことです。

また、医者や華道、茶道などのお子さんなどは、それに関係するような習い事をどうしてもさせなくてはならないというプレッシャーを与えている場合もあるでしょう。

また何を習わせたらいいか分からなくて、友達やおばあちゃんたちに聞いてみるということもあるかもしれません。

こうなると何のために習い事をさせているのか分からなくなりますよね。誰かと比較することなく、子供が習いたいことを聞いて親が絞り込むこういったスタンスの方がよりうまく子供が伸びるきっかけになるのではないでしょうか。

子どもが英語に親しむ環境ならペッピーキッズがピッタリ!無料サンプルプレゼント実施中!!
posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 09:42 | Comment(0) | 幼児への習い事について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の習い事について

最近の子供たちは年齢に関係なく今は何かしら習い事をしているのが普通になっています。例えばお友達がやっているから自分も習いたいとか、子供が苦手としていることを克服させてあげたいとか、子供の能力を伸ばしてあげたいとか習わせる理由はさまざまだと思います。理由はどうであれ習い事をしている子供が本当に多いのです。

「早期教育」という言葉があることをご存知でしょうか?これはまだ脳が完成しきっていない時期の0?3歳くらいのときに色々な刺激をたくさん与えることによりそれを吸収し、脳が発達する手助けをするという教育方法です。

0?3歳の子供に教育をしても理解が出来ないから無駄なんじゃないかという考え方もあるとは思いますが、現在ではその考えが見直されてきているようなのです。赤ちゃんのときにしか持っていない、発揮できない能力と言うのがあるということが分かっています。その発達に合わせて脳を成長させていくのです。

子供が自分の自我を持たずに親の言うとおりに楽しんでくれるのも子の時期だけかもしれません。大きくなってくると自我がでてきて好き嫌いがはっきりしてくるようになります。いくらいいと思っても子供が嫌いだと思うとそれを受け付けなくなりますものね。そういう時期にさしかかっているお子さんでしたらもちろん、無理強いをするのではなく子供の意思を尊重するようにしなければなりません。

しかし何か役に立つかもしれませんので、早期教育ということも視野に入れてみてはいかがでしょうか。


posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 08:00 | Comment(0) | 幼児への習い事について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幼児への習い事について

幼児教育、早期教育という言葉も今ではあまり珍しくないという印象があると思います。小さいうちから色々習わせて学ばせていくことによって子供の能力自体をより伸ばしていくという考え方が幼児教育なのではないかと思います。

例えば小さいうちに日本語を覚えるのと同じように英語を習わせてみたり、運動神経を高めさせようとスイミングに通わせて見たり、小さいころから勉強に対する免疫をつけるために学習塾に通わせて見たりさまざまな考え方があると思います。しかしそれをすることで子供たちに色々な知識や経験を与えてあげることもできるのです。

また知識や経験をさせることだけでなく、色んな人たちと触れ合えたり友達ができたりするという点においてもいい経験ができるのではないかと思います。

少し注意して欲しいこともあります。例えば子供が教室に通って楽しく習い事をしていたのに、他のお家の子供とライバル争いをし始めるとか親の方が白熱してしまい結果的に勝てるように子供に押し付けてしまう可能性もあります。そうなってしまうと子供は習い事に行くこと自体楽しくなくなってしまうのです。そうなってしまっては台無しですよね。押し付けることなく、子供のことだけを考えてあげるようにしなくてはなりません。また習い事は意外と月謝が高い場合が多いと思います。そうなると「それだけかけているのだから結果出してよ」なんて子供に変な期待をしすぎてしまう場合もあります。それは子供のせいではないのでそうやって子供に期待を押し付けないようにしましょう。

posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 幼児への習い事について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
「ショウインキッズ」無料体験学習受付中!
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。