元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


わーい(嬉しい顔) 子供の習い事 | ふらふら 子供の防犯

子供の習い事に関して その2

子供の習い事に関して その2
子供の習い事 子供の防犯

子供の習い事ってどう思いますか?今は子供に習い事をさせていない方が少ないと言われるくらい子供に習い事をさせている家庭が多いようです。
ではどんな習い事をさせているのか?と初めて習い事をさせようという親御さんには戸惑いがあると思います。

幼児教育と言われているように幼児に教育をするときには親の愛情と言うのは絶対的に必要なものだと思います。
自宅でする幼児教育もあるとは思うのですが自宅では行えない幼児教育というものもあるようです。
また塾と言うと堅苦しく感じるようですが、幼児なのですから気軽に通ってみると言うのが大切なのではないかと思います。そんな幼児にお勧めの習い事はリトミックや英語、スイミングなどがあるようです。
またそんな小さい頃から教室に通わせるなんてと考える親御さんも多いのは事実です。
しかし、これを勉強と捕らえないで遊びながら楽しく学べる場所なのだと言うように理解するようにするといいと思います。

今その中でも人気が上がっているのが「リトミック」という習い事です。リトミックとは、音楽に合わせて体を好きなように動かすと言うものでリズム感、感性、個性を養うことができる体操です。
これによって小さな脳を活性化させることができるようなのです。その点も今人気がある秘密なのかもしれません。

“体を楽器”にした音楽表現リズム&ゲームにどっぷり!リトミック77選

“体を楽器”にした音楽表現リズム&ゲームにどっぷり!リトミック77選

  • 作者: 神原 雅之
  • 出版社/メーカー: 明治図書出版
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 単行本




小さい頃から何かを学ばせることによってその後の人生をより豊かにする手助けになるかもしれません。

楽しく積極的に学ばせるようにしてみてはいかがでしょうか。

スイスイおえかき リトミックおえかき

スイスイおえかき リトミックおえかき

  • 出版社/メーカー: パイロットインキ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

キッズパーカッション キッズタンバリン ( ナチュラル )キッズパーカッション ベビードラムキッズパーカッション キッズマラカス ( 茶 )

posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 12:47 | Comment(0) | 子供の習い事に関する注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の習い事に関して その1

あなたはご自分の子供に習い事をさせたいと思っていますか?何か習わせたいなと思っているのであれば、何を考えることから始めたいですか?

始めるといっても習い事をさせるメリット、始める時期など色々考えることはあると思います。

近年の習い事事情としては、さまざまなものが学べる上に男女の区別なくできるものも増えてきました。また、それは子供の習い事としてだけではなく、大人になってからも続けられるものが多いというメリットもあります。

どんな習い事をお子さんにさせることになったとしても、お子さんがある程度興味を持っているものを習わせるのがいいと思います。無理矢理習わせても意味がないと思います。

習い事を始める時期と言うのは一概には言えませんが、何事においても考えや体が柔軟な時期である小さいときに始めるのがいいと思います。

親として子供に習い事をさせるときには、こういった習い事をさせたいとか、この子はこれが苦手だから克服させたいとか、この子はこれが得意だから才能を伸ばしてあげたいとかさまざまなことを考えると思います。

そういった考えで習わせるときには子供にきちんと納得させた上で通わせるようにすることも大切だと思います。その上で子供をうまくサポートしてあげることが必要になってくるのです。

お子さんには習い事を通してさまざまな経験をしてもらいたいものだと思います。
そしてその習い事が将来に役立つようになってくれればと願いたいものですね。


posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 08:00 | Comment(0) | 子供の習い事に関する注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の習い事に関する注意ごと

子供が習い事をしているときにしてはいけない事や、注意することがあります。その基本的なことになるのが「他の子供と比較をしない」ということだと思います。

何の教室に通わせるにしても最初のうちは期待でいっぱいだと思います。しかし教室に通っていると子供同士も仲良くなるし、親も同じ教室に通わせているという共通点があるので仲良くなると思います。

しかし、どんなに仲がよくなったとしても競争心というものは出てくるものだと思います。「うちの子供の方が出来るわ」などと、どうしても他の子供と比較してしまいがちになってしまいますよね。

また親がどうしても優越感を持ちたいからと思って、子供に対して「●●ちゃんには負けちゃ駄目よ」などとついつい言ってしまったり、「●●さんの子供だけには負けたくないわ」などと思ってしまったりするものだと思います。これは仕方がないことだとは思います。皆自分の子供がかわいいですし、少しでも良くしたくて通わせていますものね。そういった気持ちを持つことは大切だと思うのですが、ここで気をつけなくてはならないこと、そういう気持ちを子供に押し付けないことです。「●●ちゃんは出来るのに、なんであなたは出来ないの」などと言われたら子供は傷つきますし、教室にも行きたくなくなってしまうきっかけになると思うのです。

その点は子供に対して気を使わなければなりません。ついつい自分が思っていることを言わないように注意するようにしてくださいね。

posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 子供の習い事に関する注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の習い事に関する注意点

自分の子供には色々なことを学んでもらって技術を身につけて欲しい。感情豊かな子になって欲しいと思う親御さんは多いと思います。そのために子どもの色々な可能性を見つけて塾に通わせたり習い事をさせたりするのだと思います。

親御さんにとってはそれが子供のためと思ってするのでしょうが、子供にとってはどうなのでしょうか?たぶん「苦痛」の一言で表現されるかもしれません。皆が公園で遊んでいるときに習い事に行かなければ行けない。幼稚園に行っても学校に行っても皆の話題についていけない。そうなると一人ぼっちになってしまう。親に「今日は行きたくない」などと言った日には「あなたのためなのよ」などと言われて無理やり行かされてしまう。そんな子供も少なくないかもしれません。

お子さんに習い事をさせることの注意点として挙げられるのは無理やり行かせないことかもしれません。無理やり行かせても子供はただ行っているだけです。何の成果も効果も現れないと思います。無理やり行かせられているという苦痛という感覚しか持たないと思います。ですから子供のために習い事に行かせたいのであれば子供が納得して行くようにきちんと説得してあげる必要があるのではないかと思います。納得をすると子供は楽しんで習い事に行ったりすると思いますのでそれなりの成果が期待できると思います。

習い事は子供のためにするもので、親のわがままのために行かせる物ではないのですからきちんとその点は注意するようにしましょう。

posted by 子供の習い事 子供の防犯 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 子供の習い事に関する注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
「ショウインキッズ」無料体験学習受付中!
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院ゴルフ犬サッカーTOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。